贈答品の知識とマナー

命名祝(名づけ祝い)について

赤ちゃんの生後、数えで7日目にお七夜(おしちや)という行事があります。また、別名「名づけ祝い」と呼びます。
お七夜では、命名書を赤ちゃんの枕元に飾り、皆でお祝い・食事などの会を行います。命名披露の祝宴というわけです。

命名書の書き方・飾り方

命名書は奉書紙を横半分に折って、折り目を下にして、三つ折りにします。
三つ折りの中央部に赤ちゃんの名前、右肩に両親の名前と続柄、左下に生年月日を書きます。
次に、三つ折りの左側中央には両親の名前(又は命名者)、命名した日を右方に書きます。
最後に、三つ折りして上になる右側の表に「命名」と書き入れます。

飾り方は、三方にのせ神棚や床の間に飾るのが正式なやり方です。
しかし現在では、神棚や床の間はマンションや団地ではない場合が多いので、その場合は、お家の中で一番目に付く場所に飾れば良いとされています。

略式で行う名づけ祝い

略式では半紙の中央に「命名 ○○」と書き左に生年月日を書きます。
市販の命名紙を利用することも、もちろん主流の一つです。この場合は、赤ちゃんのベッドの壁や居間などの場所にはります(目立つ場所であればOK)。

最近では、写真や手形・足型やメッセージなどを合わせて飾ったり、アルバム式になっているものを買ったり、と形式にこだわらず赤ちゃんの誕生を祝う行事の1つになってきました。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ