贈答品の知識とマナー

結婚内祝いについての知識

本来の内祝いというのは、自分たちの喜びを分かち合ってもらう趣で配るものでしたが、昨今ではお祝いを貰った後のお返しという認識が一般的になりました。
結婚のお祝いの祝儀・金品に対するお返しは、内祝いの一つである引き出物に「寿」と上書きして持って帰っていただきます。

結婚内祝いとしてお返しする主な例は以下の通りです。
  • 結婚式、披露宴に招待しなかった人からお祝いをいただいた場合
  • 結婚式をしなかった場合
  • 結婚式で配ったものでお返しとして不十分な場合(追加のお返しをする)

結婚内祝いの金額と品物

お返しする品は「下に厚く上に薄く」が基本です。
いただいた金品相当額に対して目下の人には全額分を贈ります。
目上の人には半額ほどを贈るのが一般的です。

5,000円ぐらいまでの結婚内祝いなら、タオルセット、食器やグラスセット、プレートセット、(できれば日持ちする)食品の詰め合わせなどが理想的です。
置き場所や用途に困ってしまうような品物はできるだけ避けるのが無難と言えるでしょう。

結婚内祝いを贈るとき

通常、お祝いをいただいてから一ヶ月以内にお返ししましょう。
結婚内祝いはそもそも手渡しするのが礼を尽くした贈り方になります。相手方が遠方など、やむを得ない場合は、配送しても問題ありませんが、挨拶状を添えて贈りましょう。
礼節を重んじる場合には、結婚内祝いを贈る旨を記した挨拶状を先に郵送で送れば申し分ありません。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ