贈答品の知識とマナー

快気祝い・全快祝いとは

快気祝いとは本来、病気の全快を祝う内祝いです。
現在では、病気のお見舞いに対するお礼の意味として贈る場合が多いようです。
お祝いの贈り主は、退院した本人が退院の報告を兼ねてお礼をするというのが一般的です。

また、自宅で快気祝いの宴を開き、お世話になった(お見舞いに来た)人たちを招いて、謝意を込めてもてなす習わしもあります。
こちらは現在でも行われています。

快気祝いのお返しの時期

快気祝いは、退院後、1週間~10日目ごろが適当です。
自宅療養なら「床上げ後」となります。

快気祝いのお返しに贈る品物

快気祝いに贈る品物は、「病気が残らないように」意味をこめて、食べて無くなるものや、使い切って残らないものを贈るのが一般的です。
菓子・コーヒー・紅茶・調味料・石鹸・入浴剤・タオルなどの詰合わせセットや、食べ物の好き嫌いも良くわからない…というような時は、相手が欲しいものを選んでもらえるカタログギフトが最適でしょう。

のし・水引・表書き

快気祝い/全快祝いの表書きは、
「快気祝」「快気内祝」「全快祝」「内祝」。

のし(水引)は紅白結び切りを使用します。下段に病気をした本人の姓のみを書きます。

快気祝い/全快祝いの金額(相場)

快気祝いの金額は、お見舞いをいただいた金額の半分~3分の1程度が目安です。
いただいた金額がまちまちの場合は、一律で贈ってもかまいません。

会社や仕事関係の場合には、「○○課 御一同様」などとしてお菓子などを贈る場合が多いようです。

お返しの礼状/挨拶状(文例・例文)

全快(退院)したときは、その喜びと感謝の気持ちをしたためた礼状を出します。
「おかげさまで元気になりました」など、その後の近況や感謝の気持ちをなどを表した簡単な礼状(挨拶状)をお返しの商品に付けると良いでしょう。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ