贈答品の知識とマナー

長寿祝いの名称といわれ

還暦(かんれき)

数え年61才のお祝いです。生まれた干支に戻るということから本卦帰りともいわれます。

再び赤ちゃんに戻るという意味から赤いちゃんちゃんこなどを贈る習わしがありましたが、最近ではこれにこだわる必要はないでしょう。

ただ赤は忌よけとしての意味がありますので、赤があしらわれた衣類などを贈るのも良いかもしれません。

還暦では盛大な祝宴というより、子供や孫などごく親しい間柄の人々が集まって、 誕生日をにぎやかに祝ってあげるくらいで良いでしょう。

古稀(こき)

数え年70才のお祝いで、唐の詩人・杜甫が詠んだ「人生七十古来稀なり」の句からきたものです。

そろそろ現役を引退ということで、本人が感謝の気持ちを込めておもてなししたり、親しい人々が集まってお祝いの席を設けてあげたりすればよいでしょう。

喜寿(きじゅ)

数え年77才のお祝いです。
「喜」の草書体が七十七に見えることからこの名がついています。
これから先は本人の健康状態によって左右される可能性も出てくるため、ごく内輪でお祝いするのが望ましいでしょう。

傘寿(さんじゅ)

数え年80才のお祝いです。
「傘」の略字「」が八十に見えるとこからこの名がついています。

米寿(べいじゅ)

数え年88才のお祝いです。
「米」の字をばらばらにすると八十八と見えることからこの名がついています。

卒寿(そつじゅ)

数え年90才のお祝いです。
「卒」の略字「卆」が九十に見えることからこの名がついています。

白寿(はくじゅ)

数え年99才のお祝いです。
「百」の文字から「一」をとると「白」になることからこの名がついています。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ