贈答品の知識とマナー

還暦祝い・長寿祝いについて

長寿祝いはもともと中国伝来のもので、 「賀寿」 とも呼びます。
その長寿祝いのなかで代表的なお祝いが、還暦祝いです。

本来は数え年の61才(満60才) に祝うのが一般的でしたが、平均寿命が延びた現在では、祝い方が多少変わってきているようです。

60歳ぐらいではまだまだ働き盛りで、現役で活躍している人も多いので、70歳の古希から長寿のお祝いをするほうが自然のようです。
ですので、還暦祝いは、さらなる健康と活躍を期待する意味で、少々派手な誕生日として、家族がそろってお祝いすると良いでしょう。 形式にこだわらず、本人が喜ぶ祝い方を考えましょう。

還暦祝い以外の長寿のお祝いは、昔から数え年での誕生日に祝うものでしたが、最近では満年齢で祝う人も増えているようです。

また、古希以上の長寿祝いで祝宴を催す場合には、本人の健康状態を考慮し、誕生日かそれ以前の都合の良い日に、なるべく自宅でお祝いするようにします。
勝手に決定するのはあまりよろしくないので、レストランや料亭に招待する場合には、かならず本人の希望を確認しましょう。

祝宴に招待された場合は、お金を包んでいく場合がありますが、贈り物をする場合は、遅くてもお祝いの日の前日までに届けるようにしましょう。

還暦祝い・長寿祝いのお祝い品と金額の相場

長寿の贈物の基本は、決まりきったものではなく、本人が欲しがっているものを選ぶことが大切です。

女性ならブランドの香水・石鹸・アクセサリー類やファッション小物・旅行券、記念に残るオリジナル品・実用的な衣料品やカタログギフトなど。
男性ならファッション小物・オリジナル記念品・寝具・旅行券・選んで喜ばれるギフト券やカタログギフトなど。

お返しのマナー

とくにお返しはいりませんが記念品を贈ると良いでしょう。
この場合はお祝いをいただいた金額に関わらず、一律の品物を贈ります。表書きは 「内祝」 とします。

のし・水引・表書き

のしをつけ、水引きは白赤か金銀の蝶結びにします。
表書きは 「長寿御祝」 「寿福」
あるいは 「祝○○」 「寿○○」 「○○御祝」 (○○内はそれぞれの祝い名)とします。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ