贈答品の知識とマナー

退院祝いとは

退院祝いとは、病気が全快したことをお祝いして、退院した人などに贈るお祝いです。

退院祝いの金額(相場)

入院中にお見舞い(お見舞金)をしたのであれば、お見舞金と重複しますので、一般的に必要ありません。かえって相手側に負担をかけてしまうことにもなります。
どうしてもという場合には、本人が自宅療養中であれば、1,000円~2,000円位の手土産(スイーツ・ケーキ類)などが良いでしょう。

のし・水引・表書き

退院祝いの表書きは、
「祝ご全快」 「祝ご快復」 「祝ご退院」。
のし(水引)は紅白結び切りを使用します。下段に病気をした本人の姓のみを書きます。

医師や看護師さんへの心づけ(謝礼)

病気の快復後、晴れて退院する際には、お世話になった医師や看護師さんに「御礼」の表書きでお祝い金やお祝い品を贈りましょう。
お祝い金の場合は5千円~3万円が一般的で、お祝い品の場合は、医師には高級酒・ビール券・ギフト券・高級ネクタイなどが挙げられます。
看護師さんたちには、大勢で食べられるケーキ・スィーツ・洋菓子類の詰め合わせなどを贈りましょう。お礼の言葉を添えた手紙も良いでしょう。
ただし、渡す際に注意しなければならないのは、他人の目があるところではできる限り避けましょう。病院によっては規則などで受取らないところもありますので、その場合は習慣に従いましょう。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ