贈答品の知識とマナー

内祝いの相場について

どんなものでも「相場」というのはカテゴリごとに存在し、知らぬと恥をかいてしまうものですので、知識とマナーを身に着けておきたいところです。 もちろん内祝いにも、誰が決めたか分からぬ間に出来上がった相場が存在します。

現金でお祝いをいただいた場合

例えば出産祝いなど、現金でお祝いをいただくことは多々あります。 その場合、お返しはいただいた金額の半額が無難なラインになります。いただいた金額の半額の商品券などを贈る、といった例が多いでしょうか。ただ商品券の場合、500円区切りにできないので、半額より少し多めになることもあります。

物でお祝いをいただいた場合

こちらもいただいた物の半額程度の物を贈るのが無難になります。選ぶ物によっては1/3強でも良いでしょう。
いただいた物の金額が分かりやすければ、半額を目安にしたほうが良いでしょう。

また、個人ではなくグループで共同していただくこともあります。
会社の同僚からなどの場合は、居る場所が同じなので、少し高級なお菓子詰め合わせを「皆さんで食べてください」とお返しするのも定番です。
友人グループなど、なかなか全員が同じ場所に収集されない場合は、別々に贈る必要が出てくるでしょう。現金の場合には人数で割って、お返しできるのでやりやすいでしょう。

最後に。あくまでお祝いを贈ってくださる方々は、なにも内祝いを期待して贈っているわけではありません。
なので、逆に相手に対して気を使わせてしまうようなtoo muchでやり過ぎな贈り物は避けたいところです。
ちょっとした良い物を、感謝の意を込めて贈りましょう。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ