贈答品の知識とマナー

定年退職祝いの知識とマナー 4

いつ、どう贈ればよいか

定年退職祝いは、退職が決まった後の1〜2週間以内が一つの目処になります。
会社側が送別会を用意して全て取り決めたり、様式が決まっていればそれで良いですが、特にお世話になった先輩・上司であった場合には個別に贈り物をしても良いでしょう。個別で渡す際は、周りに角が立たないようにいくらか気をつけましょう。

別の記事でも触れていますが、目上の人に現金を贈呈することは失礼にあたるとされています。
ですが、最近では金封を贈ることもあるようです。その場合は小さなギフトを共にプレゼントするのが良いでしょう。
金封には「御引退御祝」「御祝」「御餞別」「御定年御祝」などと書かれます。
メッセージカードなども添えるとなお良いでしょう。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ