贈答品の知識とマナー

暑中見舞い(残暑見舞い)について

猛暑期に相手の健康を気遣う便りを出して、先方と自分の近況を報告しあう、夏季の挨拶状が「暑中見舞い」です。
本来は、日頃お世話になっている方々を訪ねてご機嫌を伺うものでしたが、年賀状と同様、一般的に書状(ハガキ等)が交換されるようになりました。

暑中と残暑の違いの違いについては他のエントリーで記述しておりますので、参考にしてください。

表記する上での注意点

暦が秋になる残暑見舞いには「盛夏」は使いません。「晩夏」「立秋」「葉月」などを使いましょう。
梅雨明けの日や暑さの頂点は、年により、また地方により異なります。「暑い時期に相手を見舞う」のですから、送り先の気候も考慮しましょう。暑中見舞いは贈る期間に余裕があることから、タイミングを見計らうことができるはずです。

自分が出していない人から暑中見舞い(残暑見舞い)が届いたら

年賀状のように、暑中見舞い・残暑見舞いの場合も、先に書状をいただいた相手には必ず礼状を出しましょう。
礼状は、普通の暑中見舞い・残暑見舞いにお礼の一言を添えるか、お礼と挨拶を兼ねた言葉を記します。

暑中見舞い・残暑見舞いを贈る時期

「暑中見舞いをいつから出すか」については諸説あります。
二十四節気の小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前まで、という説や、夏の土用の時期(立秋の前の約18日間。7月20日頃~)、あるいは梅雨が明けてから、などございます。
暑中見舞いとは「夏の暑さが厳しい時期の安否伺い」ですから、梅雨が明けて夏らしくなった頃から出すのが良いだろう、と言われことが多いようです。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ