贈答品の知識とマナー

お歳暮、贈る側と贈られる側、お返しについて

贈る側:お歳暮をやめたい

「毎年あの人に贈っているけど、疎遠になっているからやめたいなぁ…。でも急にやめたら印象悪いし気まずいなぁ…。」などと悩んでいる方は意外と多いようです。
お歳暮というのは、お世話になった人へ一年の締めくくりとして感謝の意を表すことが目的です。上記の方はただ「毎年贈っているから」という理由で余計に悩んでいるだけです。疎遠になった人に対して贈ることが正しいのでしょうか。付き合いもないのに贈られてきた人の気持ちを考えるとどうでしょう、お礼にも困る始末で困惑することでしょう。
付き合いが無くなる人もいれば、新たに付き合いが増える人もいるため、あくまでもお世話になってから3年程度を目安にお歳暮をやめて礼状に切り替えるといいのです。
やめたい時は、思い切って挨拶状にてその旨を伝えましょう。

贈られた側:お歳暮のお返し

本来はお世話になった方々に贈ったり取引関係の方々に贈るのが一般的ですので、贈られる側は特にお返しを必要としないのが普通です。
しかし、届いた後に出来るだけ速やかに電話か手紙でお礼の心を伝えるのが礼儀です。親しい間柄なら電話やメールでも構いません。
お礼を伝えるだけでは気がすまない相手や同僚・友人などの場合には、返礼として同額程度の「御礼」の品か「お歳暮」を贈っても特に問題はありません。寒中見舞いの場合も同様です。頂いた品物の半額くらいで相手が喜びそうなものを寒中見舞いや年賀として送るようにしましょう。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ