贈答品の知識とマナー

夏の贈り物、お中元1

お中元はいつしか、お盆のお供え物を自宅だけではなく他者にも届けるように変化し、感謝の証になったものです。お世話になった人への思いを形にするために相手が広がりました。極めて日本人文化的な思いやりにあふれた習慣といえるでしょう。

お中元は夏のごあいさつギフトですが、なぜ「お中元」というのでしょうか。
説明すると、古代中国に上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)と神様をまつる行事があり、そのなかの中元が仏教のうら盆会と結びつき、「お中元」としてお盆のお供えものを本家に届けるようになりました。
当初は親類へ贈っていましたが、江戸時代にお供えものを届ける範囲が日頃お世話になっている方にも広がり、上半期の感謝を込めて親戚、上司、先生、お得意様、知人などへ品物を贈るように変化しました。

こうした経緯から本来は、お中元は相手のところに持参して、日頃の感謝と暑さへのいたわりなどを伝えて手渡しするものとされています。
ご存知のように最近は配送することが多くなりましたが、配送は略式だと心得ておきましょう。
従って、送りっぱなしは失礼にあたりますし、品物を送りつけられて困惑することもあるでしょう。
そんなことにならないよう、品物に送り状を同封するか、品物が届く前にあいさつ状を郵送し、気持ちを伝えておきましょう。
受け取る側は、お中元に対するお返しは不要ですが、きちんとお礼を言うのがマナー。配送されてきた場合には、すぐにお礼状を出しましょう。
親しい間柄なら電話やメールでも構いませんが、あいさつ状やお礼状には心が宿り、印象も好く、手間をかけるだけの価値があります。
文例などを自分らしくアレンジすれば、手軽に作成できます。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ