贈答品の知識とマナー

お中元について1

お中元は、道教に由来する行事の一つが中国から日本へ伝わって、日本の盆と混じり合って、お世話になった方たちへ感謝の気持ちをこめて贈り物をする習慣のことです。

お中元を贈る時期(関東・関西で異なる)

お中元の時期は、7月はじめから15日ごろまでに贈るのが一般的となっています。
東日本においては、7月初旬~15日までとされていて、西日本では、8月初旬~15日までとされているようですが、近年では、6月から(7月中旬ごろまでの)お中元ギフトを贈り始める方が多くなるなど、やや早まる傾向にあるようです。

お中元のマナー。贈ってはいけないもの(NG)

お中元は相手に日頃の感謝を伝えるものなので、自分よがりではなく、贈って喜ばれるものを心がけましょう。お中元選びは相手の嗜好を考えることも大切です。
家族が少ない場合は、量が多いものよりも、品質にこだわってみるのも良いと思います。逆に家族が多い場合には、皆で楽しめるものが良いでしょう。

また、贈り物を贈る際には、「踏みつける」というような意味を持つ靴や下駄などの履物類を贈ってはいけません。
自分よりも目上の方に贈る場合には、時計や筆記用具などは贈ってはいけません。この筆記用具などに、勤勉奨励の意味があるからだといわれています。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ