贈答品の知識とマナー

引き出物のカタログに対する印象(結婚式・婚礼)

引き出物を自ら全てチョイスするのは物理的にもかなり大変で、人によって狙って変化をさせれば喜ばれる確率は上がりますが、どうしても統一する部分が出てきます。それが万人に受け入れられるのかは少々リスキーです。貰って嬉しくない贈り物というのは、世の中に意外と存在し、結婚式に出たことのある人ならば少なからず経験したのではないでしょうか。

引き出物のカタログは年代・性別・ライフスタイルに関わらず「外し」が少ないというメリットがあります。

ゲスト側の意見として、チョイスするのが面倒だという声があります。
その場合は、その人に合った贈り物が掲載されているページに印をつけておくなど、ちょっとした気遣いがあれば、選びそびれて結局頼まなかったなんてことは防げるかも知れません。

昨今では郵送やFAXの他にも、インターネットで注文できるようになり、普及率の高い今では頼みそびれも軽減されています。
便利グッズなど普段はなかなか手を出さずに買わないものをチョイスできるので、この点で好まれている方も多いようです。
無難なチョイスではカタログ内の食品類が多い傾向にあります。

例えば食器などがよく引き出物に選ばれますが、重量と割れやすさが懸念されます。
本人に縁があれば全く構わないのですし、食器自体は使い勝手の良いものです。
ただこうした物理的な不安を払拭してくれるのは、カタログの大きなメリットでしょう。

最近ではカタログ自体もバリエーションが豊かになり、その中で選ぶ楽しみを与えられるラインナップになっています。どんな物が掲載されているのか、調べてみるのも気遣いの一つです。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ