贈答品の知識とマナー

寒中見舞いについて

寒中見舞いは、寒さのために相手の健康を気づかうたよりとされています。
先方の安否や、こちらの近況などを書きます。
また、喪中の方へのごあいさつにも利用できます。喪中の方に年賀状を出してしまった場合にも利用しましょう。不幸を知らずに年賀状をくださった方に欠礼をお知らせすることができます。

寒中見舞いの時期

寒の入り(1月5日)ごろから立春の前の日(2月4日)ごろまでに出すものです。
お正月に届けられた年賀状の返礼に困る人も多いようですから、松の内(1月7日)に間に合わなければ寒中見舞いを利用すると良いでしょう。
余った年賀状を使用するのはやめましょう。

立春を過ぎてもなお寒さが続く時に出すのが「余寒御見舞い」です。こちらは2月の下旬頃まで出すことができます。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ