贈答品の知識とマナー

法事の引き出物について(香典返し)

法事の引き出物(香典返し)は、法事に参列していただいた方々へ、お礼と感謝の気持ちを込めて手渡します。
しきたりがやや厳しかった昔に比べ、昨今では比較的自由に、引き出物が決められるようになっています。
法事に参列できなく、お供えやお香料などを届けてくださった方に対して、本来は直接その方のご自宅にお届けし、法事が無事に済んだことをご報告するものですが、昨今では発送する場合も多くなりました。

引き出物の予算(相場)と内容

法事の引き出物の予算は、一般的に3000~5000円程度です。
人気となるのは、消耗品かつお受取になられる方の好き嫌いが少ないであろう物で、お茶や海苔、石鹸や洗剤などのようです。

地域で様々な風習の違いがありますが、返礼品によって意味合いがございますので、参考にご紹介いたします。

お茶

お茶を飲みながら故人を偲ぶという意味合いで贈られます。

海苔

消耗品であることから先様へ不幸が及ぶのを消滅させる意味合いがあります。

寝具・マット・タオル

仏の世界へ白装束で旅立つ意味合いと慈愛を表すことで贈られます。

洗剤・石鹸

不幸を洗い流すという意味合いと消耗品であることから贈られます。

砂糖

こちらも仏の世界へ白装束で旅経つという意味と慈愛を表す意味で利用されます。また、海苔と同じく消耗品であることから先様へ不幸が及ぶのを消滅させるという意味から使われます。

金物品

光ものは昔から魔除けとして用いらていた風習からステンレス・アルミ・銅製品などが利用されます。

陶器

昔は埋葬してたという習慣から人間は土に帰るという意味を含めて選ばれます。

漆器

不幸を塗りつぶすという意味と白木から色直しをするので二度と不幸が起こらないように願いを込めて選ばれています。

挨拶状について

直接手渡さずに贈り先様まで宅送する場合は、挨拶状(礼状)に返礼品を添えてご挨拶します。

礼状には、奉書タイプとはがきタイプがあります。
既製品によっては差出人様や故人の続柄・俗名などが記載できないものもあります。品物によって、差出人様や故人の続柄・俗名・戒名が記載できるものもあります。
仏式、神式、キリスト教式によって挨拶文が異なります。例文などはまたの機会にご紹介していきます。もしくはお気軽にお問い合わせください。

のしについて

香典返しの品物には弔事用のし紙(掛け紙)をかけるのがマナーです。
表書きには「志」と記すとどの宗教でも使用可能で最も一般的ですが、「忌明け」「満中陰志」「粗供養」「偲草」(神式・キリスト教式)とも記します。
のし紙の水引は「黒白結び切り」が一番使われますが、大阪や京都などの関西地方と一部の西日本などでは「黄白」を用います。ただし、九州や四国では黒白です。また東北地方でも黄白を用いる地域もございます。
通常表書きの下には喪主や差出人の「苗字のみ」を記します。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ