贈答品の知識とマナー

三周忌について(マナー・お返し)

三回忌とは亡くなってから満二年に行う法事のことです。三回忌からは回忌という数え方になり、数え方が変わります。
亡くなった翌年が一周忌、その翌年の二年後が三回忌です。三回忌からは亡くなった年も含めて数えて計算します。三回忌の場合は、一周忌と同様、家族、親族、故人の縁の深い友人を招待し、法要の後、会食(お斎)、引き出物を準備します。

三周忌の服装・招待について

服装のマナーとしては、遺族は喪服が基本ですが、招待された側は略式礼服または地味な服装でもかまいません。

四十九日以降は、遺族以外の友人・知人が法事・法要に出席する機会は年を経るごとに次第に少なくなっていきます。
七回忌以降は遺族、親族のみで行うのが一般ですが、時代の変化もあり、三回忌も家族だけで行う場合も増えてきています。

引き出物・予算と相場

供物料のお返しとして準備する引き出物は趣味志向が偏らず使用する方を選ばない実用品を選びましょう。一般的に「石けん」や「洗剤」などのような実用品のニーズが高いようです。

引き出物の予算は、二千円から五千円が一般的な金額です。

お経をあげていただいた僧侶には「御布施(おふせ)」と、自宅や会場に出向いてもらった場合は「御車代(おくるまだい)」を包みます。お斎を断られた場合にはさらに「御膳料(おぜんりょう)」を包む必要があります。

贈答品の知識とマナー一覧へ戻る

ページの最上段へ